東亜工業 株式会社

東亜工業株式会社

会社概要

所在地
群馬県太田市西新町126−1
電話
0276−31−7200
FAX
0276−31−6435
HP
http://www.toaweb.co.jp
創業
昭和19年
代表者
飯塚 慎一
資本金
3億10万円
業種
製造業
事業内容
自動車用サスペンション及び車体構造部品、並びに工業化住宅部材の開発・設計・製造。
従業員
900名

沿革

昭和19年伊勢崎市において航空機の木製部品製造工場として創業。 
昭和24年朝日産業㈱を設立 バス車体部品の製造を開始。
昭和35年太田市に自動車車体部品専門工場を建設。社名を東亜工業㈱と改め、代表取締役に飯塚幾市が就任。
昭和46年工業化住宅部材の製造を開始。
自動車と住宅の二本柱経営となる。
昭和49年飯塚利彦が社長に就任。
昭和54年太田西部工業団地に自動車部品の専門工場を建設し、サスペンション部品の生産を開始。
昭和59年西新町工場にプレス・工機工場を増設。管理本館・実験棟を新設。これを機に本社工場とする。
昭和63年東北エリアの生産拠点として仙台工場を建設。
平成2年研究開発部門強化の為、テクニカルセンターを新設。
平成5年北関東最大級を誇る住宅部材の専門工場として新田工場を建設。
平成9年由良工場にサスアームのFMS切削ラインを設置。
平成12年米国インディアナ州にTOA(USA),LLC.を設立。
平成12年住宅用ALCプレコート専門工場として、つくば工場を建設。
平成13年住宅用ALCプレコート中部以西の拠点として、穂積事業場を建設。
平成17年飯塚慎一が社長に就任。
平成28年自動車事業部の業容拡大に伴い、新田東工場を建設。

主な設備

機械名型式・能力台数
トランスファープレス1200㌧〜3000㌧7台
ブランキングプレス300㌧〜1200㌧5台
ハイドロフォーミングライン1500㌧〜3500㌧4ライン
ホットスタンプライン4ライン
マシニングセンター57台
TWB(テーラードブランク)2台
カチオン電着塗装ライン1ライン
ロールフォーミングライン12ライン
プレスブレーキ2.5m〜6m10台
タレットパンチングマシーン8台
ALC外壁塗装ライン2ライン

主な製品

自動車用シャシー部品・同車体骨格部品 工業化住宅用構造部材・同外構部材

セールスポイント

もっと安全・快適な車づくり、高耐久・安心な住まいづくり。TOAは、自動車と住宅の2大産業に確かなポジションを築き、知恵と先端技術で「モノづくり技術」の領域をさらに拡大しています。

タグ

トランスファー金型設計自動車部品プレス溶接ロールフォーミングトランスファー(500t以上) マシニング加工輸送用機器製造建築資材製造エクステリア製造レーザー切断機トランスファープレスホットスタンプマシン五軸マシニングセンタ液圧成形機
この企業にお問い合わせする
ad
ad
ad
ad
ad
ad
ad
ad
ad